東進が押し進めるMSGという教育プログラム

昨今では、大学進学をするのが当たり前の時代と考えられるようになりました。
一般企業では大卒で新入社員を募集するのも主流で、社会進出をするには4年制大学に入って卒業をした方が条件が良いといえるでしょう。
日本ではまだ学歴社会とは言われていない節がありますが、隣国の韓国では学歴を重んじており、特に大学は一流の施設へ進まないと良い仕事に就けないとさえ言われているほどです。
中学にような義務教育だと受験をする必要はありませんが、大学へ進学するには必ず各施設で実施される試験をパスしないといけません。
国公立・有名私立なら特に問題が難しいので、大半の方が予備校に通われるものです。
日本には約4万件もの予備校がありますが、そのなかのひとつ「東進」は非常に高い知名度を有している教育機関です。
そこでここでは、この東進の概要と実施している教育・MSGの特徴について詳しく見ていくことにしましょう。
これから一流大学に進学をしたいと考えている方の参考になれば幸いです。

東進の歴史

まずこの予備校が誕生したのは、1980年になります。
埼玉県草加市の中心部で誕生し、当初は1つの教室で指導をなされていました。
手厚い教育のサポートを実施するという運営コンセプトを掲げており、この言葉は現在でも受け継がれています。
おもに関東地方の大学に進学をなさる方を対象とした指導で、1989年の段階で年間260名の合格者を輩出していました。
東京大学・早稲田・横浜国立大など一流揃いであり、優秀な講師を揃えていると話題になっていたところです。
1990年以降は東京都内にも計5つの教室を構え、医学部。
理工学部といった理系に特化した指導も開始されます。
2000年に入ると、全国40都市にサテライト教室を構え、本部の指導風景をオンライン回線を通じて目にする教育を開始されました。
2021年1月時点で約2万人の生徒が在籍しており、国内有数の予備校となったところです。

東進が2015年から開始しているMSG教育プログラム

ここからは、東進が2015年から開始しているMSG教育プログラムについて見ていきましょう。
MSGとは、メディカルスクール教育の略語です。
医学部や薬学部・看護学部といった医療系大学への進学を目指す方の専門コースで、指導にあたる講師も医者や看護師といった経歴の方となっています。
このプログラムを用意しているのは埼玉県の本部のみです。
特徴として挙げられるのは、寮に入って学習をするスタイルとなっている点でしょう。
東進では基本、通学をして学習を受けています。
ところがMSGでは、よりハイレベルな学習を必要としているため1日12時間の講義を実施しているほどです。
日中から夜間まで予備校で指導を受けるため、通学をする時間を最小限に抑えるのが効率的といえるでしょう。
そのため専用の寮を用意して生徒が生活ができるようにされています。
約300名の在校生がおり、共同生活をしながらそれぞれの志望校の合格を目指しているというわけです。

実際に在学をしている方の口コミや体験談

実際に在学をしている方の口コミや体験談をSNSで見てみると、高い支持を得ていることがわかりました。
その一部をここで抜粋してご紹介をしましょう。
「栄養価の高い食事がでる」「講師に徹底的な指導をしてもらえた」、「通う手間が省ける」というものです。
寮では3食を用意してもらうことができ、管理栄養士がしっかりと栄養を考えながら料理をなされています。
受験生は体調管理をすることも大切なので、栄養価の高い食べものを食べて本番に挑む必要があるでしょう。
自宅ではその管理は難しいですが、ここなら簡単に実現できるわけです。
寮は東進の本校に隣接してあり、講師も自習室に待機をしています。
学習をしていく中で苦手な教科や範囲があるものですが、その指導をきめ細かく受けることもできるのが、大勢の生徒から支持をされていました。
夜11時まで講師がいるので、わからないことをじっくりと教われるでしょう。
通う手間が省けることも人気で、北海道から沖縄といった地方から上京している生徒もいたほどです。

MSGに入学するための条件と学費

ここからはMSGに入学するための条件と、学費をご紹介しましましょう。
入学条件は浪人生であるということと、医学部や薬学部といった医療系大学に進学することを希望している方です。
現役生は入学はできませんが、二浪以上されている方は対象内になります。
必要な学費は入学金が35万円・年間の授業料が45万円です。
さらに寮の使用料が月額15万円なので、年間約100万円を用意しなくてはいけません。
光熱費はすべて込みなので、この点はお支払いをしなくて構いません。
2020年度は200名の在校生のうち、190名が志望する学部に合格をしました。
90パーセント以上もの高い合格率を誇っているのは東進のMSGだけであり、限りなく夢を実現できる施設といえるえしょう。

まとめ

医療系大学への進学は大変難しいので独学で対応するのは、困難なので予備校に行く事をお勧めします。

 

参考リンク
msg東進と、東進ハイスクールと、東進衛星予備校の違いを教えてください。