賭け麻雀は違法なのに逮捕をされないこともある?

雀荘では純粋に麻雀を楽しまれていることが殆どである一方、いわゆる賭け麻雀で、金銭が絡む楽しまれ方をしているケースもあります。

日本では賭博罪に当たってしまいますので、法を犯せば逮捕をされてしまう可能性があるでしょう。

しかしながら、全ての賭博が捕まってしまうのかと言えば、そうではない実態もあるのです。

気になるのが捕まるパターンと捕まらないパターンの違いですが、大きな分かれ目となるのは金額の大きさと言えます。

稀に雀荘に警察が踏み込み逮捕をされたなどというニュースが駆け巡ることもありますが、大抵の場合は大きな金額が動いているためにこうした摘発を受けるのであって、少額の場合は騒動になる可能性が低いです。

賭け麻雀が賭博罪に該当するのならば、金額の大小によって捕まる・捕まらないが左右されるのはおかしな話とも言えますが、現実には規模により摘発の有無が決まることが多いのが実情です。

実際、雀荘の中には少額の賭けをしながら楽しんでいるケースもありますが、小銭を少々賭けて楽しむ分には、警察には黙認されることが多いです。

賭博には該当するものの、かといって逮捕をするまでの規模ではないために、警察が動くことは滅多にありません。

この現状を踏まえて考えると、警察の内部的には一定の基準があるものと推測され、基準に満たないようなら放置をされ、基準を超えてしまうと捜査の手が及びます。

スポーツ選手や芸能人などが摘発されるのは、大体、大きな金額が動いているからであり、これが小規模なものならば逮捕者が出る可能性は低いはずです。

それゆえに雀荘で賭けが行われる際にも、大抵は微々たるお金しか動かないことが殆どであり、警察もそうした実情を知りつつ、黙認をしている次第です。

ただ、こうした実情があるからといって大々的に賭博を楽しんでも良いということにはなりません。

罪は罪であり、度が過ぎれば目を付けられてしまう可能性もあります。

賭博をしても捕まらないのは、金額が小さいゆえに黙認をされているという暗黙の了解のようなものであり、グレーな位置づけには変わりありません。

派手に賭博をすれば警察も動かざるを得なくなりますので、捕まらないからといって、クリーンな行為であると勘違いをしないように注意が必要です。

なお、オンラインで賭け麻雀ができるサイトもありますが、この場合も捕まるリスクは低いとされています。

というのもこうしたサイトはサーバーが海外にあるため、日本でプレイをしているものの、海外でプレイをしているという判断により、逮捕には至らないというわけです。

日本では禁止されているカジノをオンラインで楽しむこともできますが、これもまた同じ理由で、プレイをしても摘発を受けないのが実際のところです。

とはいえ、今後法律が変わることで問題になる可能性も否定できません。

今は良くても今後はダメになるという可能性も十分にあり得ますので、もしオンライン麻雀を利用する際には、十分に注意をしながら楽しむことが大切です。